PHP 5.3.3 環境の作成

PHP 5.3 系は 2014年8月14日にリリースされたのを最後にサポートは終了しています。
しかし、一部のレンタルサーバーではいまだにPHP 5.3 の利用ができます。

今回は PHP 5.3 系 から PHP 7.4 に移行するときに便利な PHP 5.3.3 のステージング環境構築をご紹介いたします。

Docker

PHP 5.3.3 は CentOS6 で導入が可能です。
そこで、Dockerを使いDocker Officel Images から CentOS6 を指定します。

Dockerfile

Dockerfileにて下記の設定をします

  1. Cnetos 6 イメージを利用する
  2. PHP のバージョンを 5.3.3 に指定する
  3. PHP をインストールする

FROM centos:6

ENV PHP_VERSION 5.3.3

RUN yum install -y php \
    php-devel \
    php-mbstring \
    php-pdo \
    php-gd \
    php-mysql \
    php-xml \
    php-mcrypt \
    php-pecl-zip

Docker イメージの構築

作成したDockerfileをもとにイメージを作成します。

$ docker build -t centos6/php533
Successfully tagged centos6/php533:latest

Docker コンテナでプロセスの実行

作成したイメージをもとにコンテナの実行をします。

$ docker run -it centos6/php533 /bin/bash

[root@75ed68b7b991 /]# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Nov 1 2019 12:28:08)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

以上で PHP 5.3.3 の環境が作成できました。