横浜のITサポート・WEB制作会社

Webサイト制作

WordPressの使い方を知りたい!

Windows

パソコンのトラブル解決方法を知りたい!

Office365

Office365でできることを知りたい!

アプリ

便利なアプリを知りたい!

h

すべての記事

人気記事TOP15

タグ一覧

会社情報

採用情報

お問い合わせ

MAMPでPHPのバージョンを追加(変更)する方法

2022/09/27 | WordPress

ITサポート・ホームページ制作はお任せください

  • パソコンの動作が遅い・重いと感じる
  • パソコンやスマートフォン、複合機などIT機器を新しく入れ替えたい
  • システム化・クラウド化など業務のIT化・DX化を考えている
  • ホームページを新しく作りたい
  • 古くなったホームページを修正をしてほしい

上記の様なお悩みがありましたらぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください!

こんにちは。

MAMPのPHP versionプルダウンには、インストールされている最新バージョンから2つしか表示されないようになっています。

プルダウンに表示されていないPHPバージョンでMAMPサーバーを実行したくなった時はその選択肢を変える必要があるわけですが、どうもそこに表示するのPHPのバージョンを3つ以上に追加することはできないようです。

ただ、その2つの内容を変えることはできるので、今回はその方法をご紹介したいと思います。

また、そもそもMAMPとは?なにができるソフトなのか?ということについては以下をご覧ください。

MAMPでPHPのバージョンを追加(変更)する方法

MAMPのPHP versionプルダウンには、「/Applications/MAMP/bin」にあるPHPディレクトリの最新バージョンから2つが表示されるようになっています。

このPHPディレクトリをリネームすることでMAMPのPHP versionプルダウンに表示させなくすることが可能です。

例えば最新の「php8.0.8」を「_php8.0.8」などにリネームすると、その代わりが繰り上がりで表示されるようになります。

実際に試してみます。

MAMPサーバーを停止する

MAMPサーバーがスタート状態の場合、それを停止しておきます。

PHPディレクトリをリネームする

「/Applications/MAMP/bin」にある PHP バージョンディレクトリをリネームします。

例えばphp7.2.34を使いたい場合、php8.0.8とphp7.4.21をリネームします。

MAMPアプリケーションを再起動

MAMPアプリケーションを再起動します。

するとPHP versionプルダウンにphp7.2.34が表示されるようになっています。

php7.2.34でMAMPサーバーを起動してphpinfoを見ても問題なくバージョン7.2.34で実行されているようです。

ITサポート・ホームページ制作はお任せください

  • パソコンの動作が遅い・重いと感じる
  • パソコンやスマートフォン、複合機などIT機器を新しく入れ替えたい
  • システム化・クラウド化など業務のIT化・DX化を考えている
  • ホームページを新しく作りたい
  • 古くなったホームページを修正をしてほしい

上記の様なお悩みがありましたらぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください!